はじめてでもできる本格的な花壇作り応援

バラと遊ぼう

花壇づくりから はじめましょう

冬 何もないところから
春 花いっぱいの花壇へ

1.花壇材の設置

●必要工具/ショベル・カッター・鉛筆など

  • 1.花壇の形をイメージします1. 花壇の形をイメージします
  • 2.花壇の形に穴を掘ります2. 花壇の形に穴を掘ります
  • 3.花壇材を仮置きします3. 花壇材(フリーデザインエッジ)を仮置きします ※その際、地面より5cm程、上に出るようにします
  • 4.必要な長さを鉛筆などで印を入れ、カッターなどでカットします4. 必要な長さを鉛筆などで印を入れ、カッターなどでカットします。フリーエッジジョイントで継ぎ合わせます
  • 5.フリーデザインエッジで囲った内側の土を15cm程度取り除きます5. フリーデザインエッジで囲った内側の土を15cm程度取り除きます ※土壌改良のため石も取り除きます
  • 6.花壇の仮レイアウト完成6. 花壇の仮レイアウト完成(今回はフリーデザインエッジ10m使用)

2.植物とアイアンの設置

  • 1.位置を決めます1. 位置を決めます(今回はトレリス12枚、オベリスク2本使用)
  • 2.バラ苗を植える場所に穴を掘り、たい肥・肥料を入れます2. バラ苗を植える場所に穴を掘り、たい肥・肥料を入れます
  • 3.土壌改良剤を入れます3. 土壌改良剤を入れます(今回はホワイトピートを使用)
  • 4.元の土を戻して、土壌改良材と混ぜます。目印を残して、土を埋め戻し、ならします4. 元の土を戻して、土壌改良剤と混ぜます。目印を残して土を埋め戻し、ならします
  • 5.印の場所に穴を掘り、バラ苗を植え、オベリスクを設置します5. 印の場所に穴を掘り、バラ苗を植え、オベリスクを設置します
  • 6.トレリス・オベリスクにバラを誘引します6. トレリス・オベリスクにバラを誘引します。結束・誘引に便利なガーデンソフトタイがおすすめです

3.つるバラの仕立て方(トレリス)

  • 1.残っている葉は全てとり除きます1. 残っている葉は全てとり除きます
  • 2.古い枝は株元から切ります2. 古い枝は株元から切ります
  • 3.枯れた枝を切ります3. 枯れた枝を切ります
  • 4.枝の先端を切り、わき枝は2芽程残し切ります4. 枝の先端を切り、わき枝は2芽程残し切ります
  • 5.枝の株元から近い部分をソフトタイでトレリスに固定します5. 枝の株元から近い部分をソフトタイでトレリスに固定します
  • 6.枝を倒しながらソフトタイでトレリスに固定します6. 枝を倒しながらソフトタイでトレリスに固定します
  • 4.完了7. 完了

4.つるバラの仕立て方(オベリスク)

  • 1.残っている葉をすべて取り除きます1. 残っている葉をすべて取り除きます
  • 2.葉を取り除いた株姿です2. 葉を取り除いた株姿です
  • 3.枝の先端を切ります3. 枝の先端を切ります
  • 4.わき枝は2芽ほど残して切ります4. わき枝は2芽ほど残して切ります
  • 5.枝の株元から近い部分をソフトタイでオベリスクに固定します5. 枝の株元から近い部分をソフトタイでオベリスクに固定します
  • 6.枝をらせん状にオベリスクに巻き、先端をソフトタイで固定します6. 枝をらせん状にオベリスクに巻き、先端をソフトタイで固定します
  • 7.完了7. 完了

5.クレマチスの植え方

  • 1.鉢を逆様にします1. 鉢を逆さまにします
  • 2.根鉢を崩さないように植えます2. 根鉢を崩さないように植えます
  • 3.掘った穴に堆肥と肥料を入れ、2節ほど埋まるよう「深植え」します3. 掘った穴に堆肥と肥料を入れ、2節ほど埋まるよう「深植え」します
  • 4.完了4. 完了

6.ライトの設置

  • サンプル画像

    1. メインの植栽にはアップライト、手前にはランタンライトを設置します(今回は6本のガーデンライトを使用)

  • サンプル画像

    1-1. コントローラー、コード、プラグ、ライト本体を接続

  • サンプル画像

    1-2. ライト本体を地面に挿します

  • サンプル画像

    1-3. 家庭用コンセントに差し込みます

  • 仕上げに水やり

    2. 仕上げに水やり

  • 完了 ライトアップ

    3. 完了 ライトアップ

今回使った商品はこちら

今回使った商品

【バ ラ】


 今回の花壇づくりでは長尺苗を使用しています

【クレマチス】

【土・肥料】

【資 材】