水やりのタイミングがわかる底面給水プランター
「Qsui うるる」

サンプル画像
  • Qsui うるる

  • ガーデニングで植物を枯らしてしまった経験を持つ方は多いのではないでしょうか。その失敗が原因で、中にはガーデニングをあきらめてしまった方もいるはずです。失敗の原因として多く挙げられるのは、水のやり忘れによる「水枯れ」や、水のやりすぎによる「根腐れ」です。
  • 「Qsui うるる」は、水分量が小窓から見えるので給水のタイミングが分かりやすく、植物を育てやすいのが特長です。また、水やりの回数も少なくて済むので、仕事や家事で忙しい方でも簡単に育てることができます。受皿を使用しない構造でデザイン性が高く、インテリアにも調和します。

 

水のやり忘れで「枯れる」のを防ぐ

プランター内に貯まっている水分量を側面の下部に設けられた小窓から確認することができます。
水やりのタイミングが一目でわかるので、水枯れを防ぐことができます。

サンプル画像


水のやり過ぎによる「根腐れ」を防ぐ

ポットの底に貯まった水分を、給水ヒモ(不織布)で植物が必要なだけ吸い上げます。
蒸散による水枯れを防ぎ、さらに水を多くやり過ぎることもなくなるため、根腐れを防ぎます。

サンプル画像


水やりの「回数」が減る

インナープランターとアウタープランターの間に最大2Lの水分を貯めることができます。
植物を育てるうえで意外と大変なのが水やりですが、回数を軽減することができるので管理の負担が減ります。

サンプル画像

使い方

  • 給水方法

    ■給水方法
    給水メモリで水分量を確認します。給水タンク内の水が少ない場合は、土の上から水を適量入れます。水を2L以上入れると根腐れの原因になりますので、入れないようにしてください。


  • 排水方法

    ■排水方法水を入れ過ぎた場合、プランターを傾け、排水口から排水します。その際、インナープランターや植物、土が抜けないように必ずインナープランターを手で押さえてください。また、プランターを傾け過ぎないでください。

※肥料を使用すると、給水タンク内の肥料濃度が高くなる場合があります。月に1回程度、インナープランターを取り外し、給水タンク内の水を入れ替えることをおすすめします。


サイズ

  • 給水方法
  • 【インナープランター】
    6号鉢相当
    外径:約24cm、内径:約18,5cm、高さ:約20cm
    土容量:約3L

    【アウタープランター】
    8号鉢相当
    直径:約24cm、高さ:約30cm
    水容量:約2L

インテリアとコーディネートしやすい「定番カラー」

やさしい色合いが女性に人気の「パステルカラー」